もう一歩先の買い方、食べ方、生き方

私たちは、もう一歩先の買い方、食べ方、生き方に進むことはできないだろうか?
という気持ちから、毎月テーマを決めて学べる場を
ファーマーズマーケット内で企画しています。
初出店の福笑さんが、今回の企画に参加してテキストを寄せてくれました。
「新茶試飲会レポート」です。
春の新茶は、うまかった!

________


先日のファーマーズマーケットのテーマは「新茶」でした。

マーケット内の中央テントにで、
大和茶の新茶試飲会&即売会を行
いました。寒暖の差が大きい大和の地は、美味しいお茶の生産地。
そんな地で、想いをもってお茶作りをされている羽間農園さんと
田原ナチュラルファームさんに、それぞれのお茶作りへの想いや
お茶の特徴などを説明をしていただきながら、
自然発酵番茶、自然発酵紅茶、焙じ茶、和紅茶等など6種類のお茶の

試飲をさせていただきました。

お茶を摘むタイミングや苦労、摘んでから加工過程でのこだわり、

茶葉の部位によるカフェイン量の違い、肥料の有無で味が変わる等など・・
お茶の基本的な話から、苦労話、「へぇ〜」となるようなお話し、
色々なお話しが聞けて有意義な時間でした。
生産者さん同士が肥料について質問されたり、参加者の方からお茶の入れ方に

ついて質問が出たりと、

そして、何より試飲してみて・・・

「美味しい!!」

こんな声があちらこちらで聞こえました。

実際に私も試飲させてもらいましたが、どちらの紅茶も渋みがほとんどなく、
飲みやすい優しい味で、とっても美味しかったです!
生産者さんによっても、お茶の種類によっても、入れ方によっても、

味が全く違うことにも、改めて驚きました。

 

                                      
                                      
生産者さんから直接お話しを聴くことで、より身近で、
美味しく味わうことができた「大和茶」 試飲会。
とても贅沢な時間となりました。 ありがとうございました。
私も早速、羽間農園さんと田原ナチュラルファームさんのお茶を
購入させてもらいました。 ちょうど新茶の季節。
お気に入りのお茶を見つけてみてください。
                                      
羽間農園さん→http://hamanouen.blogspot.jp/
田原ナチュラルファームさん→http://tawarafarm.webcrow.jp/index.html
                                      
今年度は終了してしまったようですが、
各農園さんでお茶摘み体験も企画されているそうなので、
来年は自然いっぱいの中でのお茶摘み体験もしてみたいです。
                                      
                                      
                                      
                                      
文:パン屋福笑
写真:藤田健人
_________
                                                                                                                                                        
                                                                                                                                                        
                                                                                                                                                        
新茶を春に楽しむ。
それを育てたストーリーや想いを丸ごとを飲み干す。
この想いの部分をお届けしたいところですが、
参加し、直接お話しを聞いてというのがやはり一番です。
逃しちゃった方は次の機会にぜひぜひどうぞ。
この企画は、当初、大和高原の生産者同士がお互いのお茶を飲み合う
というアイデアから始まりました。
同時にお互いのファンの垣根も超えれないものかと。
つまり横のつながりを深める意図もありました。
羽間さんにお聞きすると、8年以上マーケットを共にしてきて
初めて佐和さんのお茶を飲んだと。
やっぱり!
お互いのファンもそうかもしれない。
同じ大和高原で茶と向き合う同志。
同じ奈良の自然栽培を応援するもの同士、
なんか水臭いじゃないかと。
野菜や米もそうですが、栽培方法の違う他者を受け入れ
理解すると、非常に良い刺激になります。
また生産者にとっても、昨日とは違ういい仕事に
つながるのではないかと思うのです。
そんな融和の時間を、爽やかな新茶に包んでもらえたのは良かったです。
「一杯のお茶」が関わった人の中で深まればいいですね。
その一杯のお茶のことから、企画後の作り手とスタッフの反省トークでは、
様々な広がりを持てました。
大和高原で、茶を志す若手が出てきた時、その架空の誰かは
どうやって経営を自立させ食っていけるのか?
今いてる無農薬系茶園に雇ってもらうしかないのか?
羽間さんや佐和さんのようなすごい苦労を真似できるのか?
健一農園や月ヶ瀬茶園のような無敵には、皆んなが皆んななれないよね。
どうお客さんや人の取り合いにならず共存共栄できるのか?
ダイレクトの売り買い至上主義ではなく、
どうしたら循環した売り買いのできる地域が育つのか?
などなど
話し合わせてもらいました。
それぞれの距離やつながりを一歩前に進める事ができたように思います。
個別に行われている、茶積みイベントもいつの日か
行き来したり、手伝いあったり
ファーマーズマーケットの参加者同士が
協力できればいいですね。
お互いのお茶を何年も飲まないで歩むより
その方が豊かだと思うんだけどなぁ。

 

事務局 榊原