ずっと続けていきたいこと ー朝ごはん会あとがきー

南果さんの朝ごはん会の振り返りです。
参加してくださった方がレポートを書いてくださいましたので
アップさせていただきます。

________

「ASAGOHAN ORGANIC BENTO」

晴れた日曜日のファーマーズマーケット。
なんと今回は高畑の名店「南果」さんの朝ごはん会があるではありませんか。
いそいそと当日受付をして、待ちきれずひとりテーブルに。

時間になると、自分と同じようにおひとりで参加されている方、
どうやら常連さんと思われる女性グループ、
お子さんづれのお母さん、出展者さん等、色々な方がお弁当が並んだテーブルを囲みました。

まずは朝ごはん!
それぞれ待ってましたと言わんばかりにお弁当を開けます。

「南果」の店主 長さんはひとつひとつ丁寧にお弁当のおかずの説明をしてくれました。
説明の通り、どれも丁寧に作られたものだとうことが、見た目の美しさからも感じられる素敵なお弁当。

一口味わって、みなさん開口一番「おいしい!」と満面の笑み。

旬の食材を使ったお弁当は梅雨ならでは内容で、この時期におかずがいたまないよう、
こんな工夫をしたらいいんだ!という目からウロコの嬉しい発見もありました。
大人も子どもも美味しく食べることができるのも嬉しいところ。

あっというまにお弁当は綺麗にからっぽに。

つづいて、「料理についての一問一答 AtoZ」の時間がはじまります。
一問一答という流れで食について、オーガニックについて等、
長さんのこだわりや日々大切にしていることを知ることができました。
途中、お弁当の食材の生産者さんや参加者を巻き込んでのトークは和気藹々とはずみ、
いつの間にかはじめましてさん同士で仲良くおしゃべりしてる場面も。

自分自身にとってちょっとハードルが高いイメージだったオーガニック食材や野草料理、グルテンフリー生活。
イベントが終わる頃にはまずはできることから自分の生活にも取り入れてみよう!やってみよう!と思えるように。

最後、参加者のおひとりからの「食べ終わるのがもったいないと思うくらい美味しかった」という言葉が印象的。
うんうん、本当にそう!まったくの同感です。

新鮮な食材で、身体が喜んでいる、力が湧いてくる感覚。
生産者さんの顔がわかる安心感。

全部、美味しく一緒に味わえる 幸せな ASAGOHAN 時間。

ごちそうさまでした。

_____

以下こぼれ話です。

料理のお話しAtoZの最後の方の「z」と「o」のお話。
「z」zutto ずっと続けていきたいことはなんですか?
と言う問いかけに長さんは、

「人の健康をよくする料理をしていきたい。」と。

おそらく、心身ともにでしょうし、食べる場所や空間。
一つ一つの料理の意図、奥行きも含めてだと思います。

「o」organic オーガニックについて、、の問いかけのお話の中で、

「店の食材をオーガニックに変えるときに、(ためて)すっごい悩んだ。」と。

原材料費をあげる。有機農業にかける。販売価格が上がる。
常連さんやお客さんに納得してもらえないかもしれない、、という葛藤の話でした。
結果その選択は良かったと話してくれましたが、
開催し始めた8年前から暖かくずっと見守り、付き合ってきてくれた
南果さんの言葉だけに重みがありました。
奈良のほとんどのお店が、このかけにのれません。そらそうですね、
リスキーです。
みんなが南果さんのようには思えませんし、今はそれでいいのだと思います。
いつか有機農業が当たり前になるように
有機農業に関わる人は、
まだまだ努力をしないといけないんだろうと
改めて思えました。