謹賀新年

丑年。すっかり明けましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。

ショップは、6日から営業始まっています。
氷点下の寒さにあたった生命力のある野菜が並んでおります。

マーケットは1月31日からとなります。
そのマーケットあれこれ試行錯誤して今年からまた少し内容変更しています。
詳細は、ファーマーズマーケットのカテゴリーからどうぞ。
以下、簡単なところだけこちらでも発信です。

___

「2021年の奈良フードシェッドファーマーズマーケットについて」

改めまして今年もどうぞよろしくお願いします。
今年もまだまだコロナで大変な時期が続きそうですね。
本当にすごい時代の波です。この続きを心して歩まないとですね。
先日も告知しましたが、1月31日から開催スタートで
2月はお休み、3月28日から毎月最終日曜日の予定です。
コロナの緊急事態宣言次第でまた開催ストップ、ということもありますので
事前にSNSで日時はチェックしてください。
さて、2021年から色々と事務局と出店者で話し合い、
お客さんの意見も聞きながら、
社会の変化も見つめながら、
開催趣旨や内容を変化させていくことにしております。
主だったところと支障がありそうなところを発信させていただきます。
○規模、内容を縮小し、小さなファーマーズマーケットになります。
(また地域の人と人の心と体の実際の距離が必要とされるまで)
○開催時間を縮小。これまでの14時終了→13時終了。
(来場者が減ってきているのと、コロナ使用)
○毎月開催→2、8月はお休み。(暑すぎるのと、寒すぎるのとコロナ)
○オーガニック基準、チェックシートの廃止。(有機農業の追求はやめません)
○たねブース終了。(たねツアーは計画中)
○ファーマーズパートナーシップ解体。新たな組合の形模索中。
(仲はいいので、今後また自由にどんな形に変異するか一旦解体して寝かせる)
(CSAも生産者の自主性をより尊重する時代に突入)
○有機農業映画祭休業。
(コロナと先立つ物次第)
○毎月固定出店、メンバー固定も廃止。(より出入り口の風通しを良くする意図)
○オーガニックの基準は、出店者、来場者、運営者で対話し向上させていく。
(もっと批評家ではなく当事者、体験者として地域で育てたいので)
○出店メンバーも、出店者、来場者、運営者で対話し向上させていく。
(もっと批評家ではなく当事者、体験者として地域で育てたいので)
その他細かい変更点もありますし、修正しながら前進することになりますが
これからも変わらず地域の有機農業とオーガニックな暮らし方、生き方、買い方、食べ方が
人間らしく前向きになっていけるように活動してまいります。