All posts filed under “未分類

パートさん、アルバイトさん、ボランティアさん募集中

2つ募集です。

1つ目は、やおやさんの
パートさん、アルバイトさん募集です。

五ふしの草の奈良店と阿倍野店どちらかでの勤務です。
阿倍野店は現在工事中で、5月中旬以降からです。
有機農業が好きな方でしたら、経験、年齢、性別は問いません。
すいませんがお住まいが遠方の方は、ご遠慮ください。
できるだけ運転できる方でお願いします。

パートタイム、アルバイトとも週2、3日からで、時間帯など詳細は応相談です。
仕事は、掃除、値つけ、品出し、接客、レジ打ち、袋詰め、梱包仕分け、配達、事務作業整理などです。

時給1000円
研修期間ありです。
研修後に社会保険に加入できます。

店舗へお電話の上、履歴書をお持ちください。
TEL:0742-24-2807

応募の方よろしくお願いします!

_____

次に、阿倍野店、オープニング前の内装ボランティアさんを募集致します!

オーガニック弁当の名店「米ディナンバーワン」さんの場所をご縁があり引き継がせて頂くことになりました。
現在工事中で、ぼちぼち内装作業をはじめています。

奈良店同様また低予算で、、寄付などに頼らず工夫して
大工さん、食べ手、作り手、つなぎ手と一緒に作業します。
小規模の家族経営有機農家のための場所、拠点作りです。
DIY精神のある方で、できるだけ道具持参でできればお力をお貸してください。
ご参加お待ちしています。

事前にお電話の上お越しください。
☎︎080-4028-3459(榊原まで)

4/17,4/18,4/24,4/25,5/1,5/2
9〜17時頃の間で自由に集合解散です。

具体的な作業は、ビスなし野菜箱作り、ベンチ作り、キッズスペース作り
本棚作り、イス作り、陳列棚作り、トタン塗り、壁塗りなどです。

どうぞよろしくお願いいたします。

長い大切なお知らせ。

偶然と幸運が重なり12年目を前進しています。
しばらくなるべく発信することを止めておりました。
有機農業はかつての目的を失い、情報過多で船酔い状態に。
その違和感を取り除き、人と人、人と社会、人と自然が調和する方法。
あるべき姿を探す、気づくための時間が必要だったようです。
本来の有機農業が衰退に向かっている時代に
本来の有機農業の世界を守り、
40年以上前に公害問題から溢れ出た
有機農業の神話の続きを創り出していく。
(神話=地球、大地を汚す、人間社会の構造や私たちのライフスタイルへの戒めとして、
かつてオーガニックはありました。)
音声と動画溢れるメディア社会に
有機農業、土と共に生きること、土臭いことの魅力を堅持する。
物質生活に酔いしれているときに
自然界の宝を見つける。
忙しく前へ前へと道を急いでいるとき、
社会の隅に追いやられたものを大切にする。
そういうものが少しは存在しないと寂しいです。
有機農業の深くにある問題に立ち入って
偉そうにしない。
勘違いしない。
軽く浮かれない。
偏屈にならない。
そう言う気持ちで今後とも歩んでいきます。
さて、なんと言いますか、、
前に進むためには何かを置いていかなくてはならない

と言う思いもありまして。

お知らせ数点です。

生産者組合は、一旦積もった垢を取り除くために大掃除。
散会させて、次に何が浮かび上がってくるか待っています。
次は有機農業研究会的な、若手がどんどん参加できるようにします。

(一応の農家グループはありますので、CSA共々維持します。)

インスタを始めましたのでそちらで、細かい発信はしてまいります。
折を見てフェイスブックも切り離します。
おそらく2年ほどは、割り切って続けたいなぁと思っています。
ファーマーズマーケットの発信、WEBページも基本SNSだけにし、
全体の取り組みから分離。
取り組み全体のネジを締める時期を経て、どの取り組みも
一回ネジを緩めて、全体が好きにどう動いて広がるのか消えるのか、
どんな形になるか見てみます。
八百屋ショップは、大阪阿倍野にご縁があり、
2店舗目を晩春か梅雨か初夏、、あたりにオープンします。
フードシェッド、ファームシェアとファーマーズマーケット
ファームスタンドを地方から(奈良は維持しつつ)いよいよ都市にも持ち込んでみます。
しばらくは五ふしの草は流通に集中し、
送料、コロナ、宅配企業、直売所、テクノロジー(要は全部お金のことですね。)に揺れる有機農業界でできることを続けます。
と言うような長い大切なお知らせでした。

4月、5月

4、5月お休み多くなります。
今後はお店のインスタグラムを作るので、
フェイスブックと合わせて、SNSでお店の営業してるかどうかはご確認ください。
宜しくお願い致します。

謹賀新年

丑年。すっかり明けましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。

ショップは、6日から営業始まっています。
氷点下の寒さにあたった生命力のある野菜が並んでおります。

マーケットは1月31日からとなります。
そのマーケットあれこれ試行錯誤して今年からまた少し内容変更しています。
詳細は、ファーマーズマーケットのカテゴリーからどうぞ。
以下、簡単なところだけこちらでも発信です。

___

「2021年の奈良フードシェッドファーマーズマーケットについて」

改めまして今年もどうぞよろしくお願いします。
今年もまだまだコロナで大変な時期が続きそうですね。
本当にすごい時代の波です。この続きを心して歩まないとですね。
先日も告知しましたが、1月31日から開催スタートで
2月はお休み、3月28日から毎月最終日曜日の予定です。
コロナの緊急事態宣言次第でまた開催ストップ、ということもありますので
事前にSNSで日時はチェックしてください。
さて、2021年から色々と事務局と出店者で話し合い、
お客さんの意見も聞きながら、
社会の変化も見つめながら、
開催趣旨や内容を変化させていくことにしております。
主だったところと支障がありそうなところを発信させていただきます。
○規模、内容を縮小し、小さなファーマーズマーケットになります。
(また地域の人と人の心と体の実際の距離が必要とされるまで)
○開催時間を縮小。これまでの14時終了→13時終了。
(来場者が減ってきているのと、コロナ使用)
○毎月開催→2、8月はお休み。(暑すぎるのと、寒すぎるのとコロナ)
○オーガニック基準、チェックシートの廃止。(有機農業の追求はやめません)
○たねブース終了。(たねツアーは計画中)
○ファーマーズパートナーシップ解体。新たな組合の形模索中。
(仲はいいので、今後また自由にどんな形に変異するか一旦解体して寝かせる)
(CSAも生産者の自主性をより尊重する時代に突入)
○有機農業映画祭休業。
(コロナと先立つ物次第)
○毎月固定出店、メンバー固定も廃止。(より出入り口の風通しを良くする意図)
○オーガニックの基準は、出店者、来場者、運営者で対話し向上させていく。
(もっと批評家ではなく当事者、体験者として地域で育てたいので)
○出店メンバーも、出店者、来場者、運営者で対話し向上させていく。
(もっと批評家ではなく当事者、体験者として地域で育てたいので)
その他細かい変更点もありますし、修正しながら前進することになりますが
これからも変わらず地域の有機農業とオーガニックな暮らし方、生き方、買い方、食べ方が
人間らしく前向きになっていけるように活動してまいります。

どうぞ良いお年を

年内の営業が無事終了しました。
一年間ありがとうございました。

新年は、1月6日よりお店と出荷野菜の販売スタートです。
ファーマーズマーケットは1月31日、終了時間が1時間早まり13時までです。

どうぞ良いお年をお迎え下さい。

たねのきゅうしょく(短編映像)

短編映像「たねのきゅうしょく」再生ボタン  →   ▶︎

年末、忙しく寒くなってきましたね。久しぶりの発信です!

世界はコロナで大変な状況ですが、
なんとか今いる場所に踏みとどまって、無事にくぐり抜けないとですね。
さて、すごい一年ですが、五ふしの草には秋からとても良いことがありました。
11年目にして念願の給食への食材野菜の導入がスタートしたことです。
有機野菜や自然農法の野菜、在来固定種種のお野菜など納入させていただいています。
有難いのが、食材の大部分を任せていただくという大役をいただいたことで、
日々緊張しながら、子供たちの心と体へ少しでも良いものをとお届けしています。
この在来固定種の野菜を忍ばせてお届けしている景色を短編映像にまとめました。
ぜひご覧いただきたいです。
オーガニックに携わり、人生をかけて有機農業設計、タネから胃袋までの農業デザインを常日頃行なっている中。
自分たちなりの有機農業をめぐる「普通」「当たり前」をつくっているのですが、
オーガニックの普通ではないと感じる基本的な3つのこと。
公共的に子供に届いていない。
次の世代の若手を育てない。
自然観と死生観がない。
というところの一丁目一番地。
公共的に子供に届けるという仕事をようやくスタートすることができました。
今回は雲仙の尊敬するオーガニックベースの奥津さんのたねのことで
地域で何か発信できないかという「#種と旅と」という取り組み、お話へ返答と
次の10年の原点、出発点にしようという思い。
親御さんに観ていただき、給食の食材背景を少しでも感じていただこうという思いもあり制作しています。
制作中に、生産者から
「農家、流通の次は、志のある種苗屋が育ち、成り立たないと」という話しや
「自分の畑に、売れなくても存在していてほしいと思う作物がないとあかん」という話しもあり
とても学びの多い撮影となりました。
こういう機会を下さった方、協力して下さった方に感謝しています。
短編、見て観て感想あればまた会った時にでも言うてやってください。

夏季休業

8月13〜16日は、夏季休業とさせて頂きます。
すいませんがどうぞよろしくお願い致します。

猛暑、35度オーバーが当たり前のようですね。
赤しそジュースが、一番生き返ります。
コロナと猛暑で大変ですが、良いお盆をお過ごしください。

  

マーケット七月の様子

長い梅雨中。
7月のマーケットの風景少しです。
あいにくの雨の中、足を運んでいただき有難うございました。

また豪雨災害の支援金にご協力いただいた皆様、
誠に有難うございました。
責任を持って送らせていただきます。

コロナ感染者数が、また増えてきています。
どう歩んでいくかしっかり考えるときのようです。

時代の波の中で、コミュニティのあり方も変わってきて、
いろんなことが以前とは違う意味を持ち始めているようです。
災害もどんどん激しくなってきて、
大雨、日照不足と農家さんも本当に大変です。
高い安いではなく、感謝して
近くに存在してくれている農家さんのものを食したいものです。
(特に今最近のオススメは、曽爾村のトマト生産者、畑のあかりさん)
( SNSなどで定期便受付もされているようで是非!)

8月は1週繰り上がりまして、23日の開催となります。
いつも楽しみにご利用くださる皆様、
お間違いないよう気をつけて下さい。

雨降りの時は、お客さんも少ないので
テント内でトランプをしたり、
わけのわからないことをしている子供を眺めたり、
無駄話を出展者同士、出店者とお客さんと
スタッフとお客さん同士で、できるし しています。
時々真剣な話も。

この日は、卒業した木のぼりパンさんも覗きにきてくれたり、
新宿行きのバスの運転手さんが、搬入時に親切にスペースを空けてくれたり、
事情で来れなかったSOAPHEADさんやハト畑さんも顔を出してくれたりしました。
雨も思ってたよりマシで何よりでございました。

人間にとって必要な風景を失わないように、
ファーマーズマーケットも冷静にやっていかないとダメですね。

ところで、地やさい定期便、
CSAファームシェア夏便、おかげさまで好評継続中です!
ジェットコースターのように夏野菜、収穫過多でオーバーフローしたり、
お日様不足で、収穫不足になったりしていますが、
まずはお試しセットいかがでしょうか、
ファーマーズマーケットのハト畑トマトが、これからしばらく沢山食べれます!(多分)

最近ひょんな事から、CSAファームシェアの真髄を
理解することができました。またどこかで発信します。

理想の農家さんや八百屋さんと出会えたら、
日常的につながって、食べる、買う(投票する)食材と向き合う、料理し食べる。
できれば誰かとなんてことない話しをしながら、
音楽を聴きながらもいいっすね、
美味しいお酒と旬やさい!
人生の醍醐味ですね。

 

味噌の日風景

先日の週末は、好天でマルシェ日和でしたね。
コロナウィルスの影響で開催あやぶまれましたし、中止も検討しましたが、開催致しました。
マーケットの方、脚を運んで頂きありがとうございました。
今年はファーマーズマーケットと同日にみそ仕込みもありました。
味噌仕込みと発酵トークのワークショップ。こちらもご参加頂きありがとうございました。
風景snsで発信致します。マーケットから出荷所にハシゴしてくださった方もおられたのではと。
今年も子どもが走りまわって外で遊び、その横で大人が仕込む基本陣形ではじまり、
時々気まぐれで仕込む子どもがいたり、最初からしっかり仕込むこどもやら、
自由にミソの日を楽しんでくれてました。
はじめての方も常連さんも和気藹々でございましたし、この時期やはりいいものですね。
今年はどんなに味に仕上がるか楽しみです。
興味がある方は、機会があれば是非ぜひ。
ありがとんぼ農園も下ネタ封印しておりますので、安心して参加頂けます。

 

ありがとんぼ農園の「味噌仕込みワークと発酵トーク」のお知らせ

ありがとんぼ農園の

「味噌仕込みと発酵トーク」

__________


毎年恒例のお味噌仕込みワークショップのお知らせです。
間際のお知らせすいません。
お誘い合わせの上お申し込み、ご参加どうぞよろしくお願いします!
みんなで仕込んだ方が楽しいよ。
和田山の自然栽培農家、ありがとんぼ農園の
岡村康平と一緒にお味噌を仕込むWSです。
今年は、稲麹や塩麹、味噌など
『発酵』についてのトーク付きです。
マジックハンドの持ち主で、
彼が触れると麹菌の働きが違うと言われています。
どんなお話が聞けるか楽しみです。

 

●2月23日 日曜日・五ふしの草にて

●13時〜
(お申し込み多くなれば15時〜も仕込みます)
(すいませんが時間は選べません)
●お一人 大人 参加費6000円
お味噌3キロ分とワーク、発酵トーク、送料含みます。
(追加ご希望の方、1キロにつき1300円)
(3k以上ご希望の際は、お申し込み時お知らせください)
※お子様参加費無料です。
仕込んだお味噌は蔵で保管後11月ごろ発送。
エプロン三角筋ご持参ください。
お持ち帰りご希望の場合、容器ご持参で。
●申し込み、五ふしの草まで
0742−24−2807
itsufushi@gmail.com

 

昨年の様子