All posts filed under “五ふしの草

image 6

ある1週間 月ー火

ある1週間
出荷所の日常の場面です。

月曜日。お店の閉店後すぐに
畑周りに引き取りです。

image 4

image 5

いろいろまわり産地の空気や
生産者さんたちの気分を吸い込みます。
最後は決まってまつなが畑のまつながくん。
この日は、いいタイトルのいい本を教えてくれました。
ここでは言えないようなディープな
話し合いをします。

火曜日は、出荷日。
朝から生産者たちが新鮮な野菜を持ち込みます。
バタバタバタバタ

image 7
磯村農園、小松菜のパック詰め中。

image 3
南山城の尾崎くんが持ってきてくれたマコモです。
生で食べてもいけるんですね、おもしろい食味す。

image 8

image
出始めのほうれん草〜待ってました!
思ってた通りハイクオリティ、さすが米澤さんや

image 11
最後のお客さんは生演奏生唄を聞かせてくれた。
ゆっくり聞き入りたい所だけど
運送屋さんの集荷締め切りに追われ
テンパりまくりでした。いつもギリギリ。
ヤマトさん、佐川さんいつもありがとう(心から)

image 2

閉店後は、ベーシックセットやお店さんへの配達。
東大寺近くから、高畑、紀寺とはじまり遠くまで、、
ちゃんと廻りきれるかいつもそわそわです。
畑を丸ごと買い支えて下さっているお客さんには
大感謝です。

image 10

image 9
高畑の南果さんの看板。
当組合のお野菜を一貫してずっとご利用下さってます。
まだ行かれてない方は是非に!
おいしいですよーすごいゆっくり出来ますし
どうぞどうぞ
何もしないと決めた日の午後なんかに
ちょうどよいお店ではと思います。

 

スライド1

春日奥山原始林トレッキングツアー

春日奥山原始林トレッキングツアー
「巨樹を巡り 森を語る日」
をおこないます。是非参加してみて下さい。

6年ほど前、都祁の健一自然農園と同じく都祁で有機農をしている河原さんが
声を掛け合い、自然農や有機農関係の仲間や身近な人、大阪のモモの家の方々なんかと
奈良の山間部の人工林間伐活動にさきがけて、
奈良の原生林や巨樹について学ぼうということではじめたイベントです。

その後、五ふしの草が引き継ぎ、6回ほど行い、
途中NATIVE WORKSさんと野鳥観察会も合わせて共催させて頂いたりして
今回8回目の開催となります。

奈良オーガニックマーケットの環境プログラム「遠くを見ること」としては初めてです。

奈良の原生林を巡る。

当初は、奈良にある原生林の価値はあまり知られておらず、
巨樹の会さん、グリーンあすならの方々がツアーやガイドを通して
そのすばらしさを地道にお子さんや愛好家、高齢の方々に伝えておられる
といった印象でした。

その頃から比べると最近は、このイベントも一役買い、いろいろなメディアに
ご紹介頂いたりし、アースデーでも真似して頂いたりし 自然に広がり、
若い方や多府県の方にも 原生林のすばらしさを感じて頂ける機会が増えたようです。

今回は、初めてお子様ご家族向けコースと
大人向けコースの2コースに分かれての募集です。
ともに興福寺付近を歩き、巨樹を見た後
お子様コースは春日大社、東大寺付近の森や木々を巡ります。
大人コースは、滝阪の道を通り、若草山山頂よりさらに奥の道を
巡ります。

もちろんガイドは、1回目から変わらずのグリーンあすなら河原さんです。
2回目からご協力頂いている、グリーンあすなら酒井さんにも
まだ未定ですがガイドをお願いしております。
ちょうど今が、鹿によるものや原生林の問題がよく見える時期だそうです。
良い所ばかりではなくしっかりと観察し考え、共有できれば嬉しいです。

駅近15分で体験できる奈良の原生林と樹齢数十年の巨樹を
みんなで是非巡りましょう。

どうぞよろしくお願い致します。

(※オーガニックマーケットの若手農家定期便
ベーシックセットをご利用場合は無料で参加して頂けます。)

image 6

お盆

いつまで暑い日続くねん、、

スイカフェア沢山のご利用有り難うございました。
本日はご注文殺到で、現場がパンク寸前でございました。
ありがとうございます。

猛暑続いておりますが、
8月13〜17日まで夏期休業させて頂きます。
皆様お体ご自愛下さい。

明日は、配達とodonaマルシェに出店させて頂きます。
好評の星オクラ、スターオブデイビィットを販売させて頂きます。
まつなが畑で自家採取し続けている在来種です。
可愛いいかたちに癒されます。

image 7

画像のかき氷は、山桃の酵素シロップでした。よ。

Exif_JPEG_PICTURE

畑の学校

いろいろな農法や農園スタイル、今はたくさんありますね。
そんな中で、どの業種にも言えることですが、
若手を育てることはとても重要なことです。

生産者でも、次の生産者に繋げるという意識は
必ず要ります。経験やスキルをその時代に応じた
あるいは適したやり方で伝えていく。

こういう動きがどんどん増えれば良いなーと
http://kurashi-tsumugu.com/school/

image 15

再び すいか

image

スイカフェアー!!

米澤農園のスイカがお盆前にお買い得です!
8/7〜11日まで、大玉40%OFFの1200円で販売します。
早い者勝ちですので、是非GET して下さい。
味のはずれはありません。

Exif_JPEG_PICTURE

再び作ることのできる価格

突然ですが、何か買いものをする時、
もちろん大体の人が値段をしっかり気にすると思うのですが、
高すぎたり安すぎたり、なんとなーく変だなっとか思いませんか?

共同出荷に参加している松永くんと
価格について、野菜や農業に限らず
そのもの自体の本当の価値について
ずいぶん長く話し合ってきました。

サイトで表現していますので、良ければ見てみてください。
http://kurashi-tsumugu.com/price/「再びつくることのできる価格」

よく買い物は、どういう未来や社会になっていってほしいかへの
ひとりひとりの投票だっていわれますが、
今売り買いや経済中心の暮らしの中で
私たちは、どういうところや人にお金を払い、育てて(あるいは成長させ)
どういう世界を目指すのか、、、
これはとても大切な事のように思います。

image 15

スイカもきてますよー

こちらでは台風大したことなくよかったです。
そして
夏の到来を告げる
今年もスイカが来ましたー
昨年同様、めちゃめちゃ美味しいです。
なんといっても味は大玉です。甘みもしつこくないですし、
体と熱さを絶妙に包んでくれます。
米澤さんのスイカぜひ食べてみて下さいね

image 5

ブドウがきますよー

image 11 image 12 image 13 image 14

夏の到来を告げる G-grapefarmのブドウ来週よりショップに入荷します。
オーガニックマーケットにも今月から出店です。
農園の小林くんは、有機栽培に挑戦もしつつ、基本的には
減農薬栽培です。
完全で完璧な有機農業の世界がくれば良いのですが、
もちろん現代はそうではありませんね。
よく思うのですが、食する日々の食べものがほとんど有機栽培や
自然栽培のものに変わる日が
もし本当に来るのだとしたら、
それは、どこかのだれかがいわゆる棚ぼた方式で
勝手に用意してくれるといった類いのものではなく、
自分たちひとりひとりが苦労して
たぐり寄せ、育てていった先にあるものなんだろうと思います。
作り手をサポートし信頼する。作り手から大事なものを分けて頂く。
そういう過程繰り返しの先に求めるものがある気がします。