All posts filed under “ワークショップ / イベント

機械植えの田植えから見えてくるもの

「もう一歩先の買い方、食べ方へ」をテーマに
色々と企画しています。
今回は幼い時に、田植え機に乗るとどういう記憶が残るんだろう?
とふと思ったところから企画し始めました。
街の子ども向けのイベントですね。
関わる大人にも学びがあります。
広い空を飛ぶ鳥か、跳ね上がる泥か、聞いたことがない虫の鳴き声か
機械の振動か、ただただ広い田か。
なんでもいいですが、言葉にならないものが体験として残ればいいなと。
終わった後に聞くと、乗り物に乗れた楽しさが単にあるという感じでした。
それもありだなぁと。
どこかで何かとつながればいいですけど。
ボランティアスタッフとして参加してくださっている
山本さんが終わった後にレポートを書いてくださいました。
「あこうさんと田植え」
奈良フードシェッド再開後初の場外イベント。
加茂で自然栽培されているRedRice自然農園さんで田植えをしました。
いいお天気の中、4組の家族で参加。
機械での田植えはみんな初めてでした。
赤穂さんから説明を受け、
まずは子どもたちが順番に赤穂さんと一緒に植えていきました。
まっすぐ植えるのはなかなか難しく、
目印の棒を目指してどの子も真剣な表情で運転していました。
手植えで田んぼに入るのも気持ちいいし愉しいのですが
機械植えもなかなかおもしろかったです。
貴重な経験をさせていただきました。
子どもたちも田植え機に乗れて愉しかったよう。
その後はみんなタニシに夢中でした(笑)
実は「田植え」は田んぼ作業の疲労度的にはたった1%で
植えた後の除草作業が大変だそうです。
3日後に1回、その後4回はチェーン除草。
稲が他の草に負けなくなるまで手をかけてあげます。
除草剤はポンっと入れるだけで稲以外の草を抑えてくれるそうで、
周りの田んぼではほとんど使っているとのこと。
かかる労力全然違うので、兼業の方やお年寄りは頼らざるを得ないところもあるし、便利なんですね。
それだけ労力をかけて丁寧に育てられている赤穂さんのお米、秋の実りが愉しみです。
体験は農作業のほんの一部ですが、
田畑を見ていろいろと話をしている中で
普段見えない、農家さんの苦労されている部分なんかも知ることができます。
農を身近に感じ、自然に触れられ、生産者のことを知れるイベントを
これからも続けていけたらなぁと思います。
秋にはみんなで稲刈りをしましょう!
RedRice自然農園さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで体験会では手植えにこだわってきました。
たまには地域の食を支える仕事を味わうことも大切かなというのもあり
機械植えの体験にしてみました。
企画者的に感じたのは、田植えそのものより
終わってから話したりのんびり畑を回る時間が
なんとなくまったりとしてて、よかったなぁということでした。
こういう時間を生産者も流通も消費者も過ごさないから
いろんなことが「おかしくなる」んだろうなと思えました。

 

「おかしくなる」

 

食べ物が畑から台所に行くまでの過程、流れが、
この時代どこか変だという意味です。
例えば有機物流全般について、
例えば、redriceさんは、五ふしの草という農業グループの一員でもあり
京都ベンチャー企業の生産者の一員でもあります。
神奈川の売り出し中の自然栽培八百屋の生産者メンバーでもある。
どちらも宅配ビジネスです。
ですのでファームシェアと農園オリジナルの宅配も含め
複数の宅配を抱えていることになります。
同じ地域でそれぞれの宅配が、顧客獲得の競争をしているという状態に
巻き込まれているとも言えます。
大手宅配会社には、今の所参加していませんが
(運が良い農家だけが、大手宅配の既得を権益でき、彼らに選ばれます。)
redriceさんは品質が高く丁寧なものづくりをされるので、
いずれ彼らに選ばれるかもしれない。選ばれない多くの場合のその先は過酷です。
基本的にほとんどの新規就農者は選ばれなせん。

野菜を発送するための送料の高騰で、地場で直売していく以外の
売り方はかなり危うい状況もあります。

夏場には、五ふしの草の八百屋さんの目と鼻の先にある
直売所にもredriceさんの貴重な自然栽培の野菜が並びます。
直売所やスーパーが有機農産物が当たり前な場所なら、
話がシンプルで良いのですが、その逆です。
有機農業が広がらない未来に加担することに繋がります。
マルシェでの出店直売は、NARA FOODSHEDがレギュラーで
地元のおつきあいイベントがたまにというところだそうで、
うちのメンバーで言うところのまつなが畑がみのり市に、
ハト畑が富雄マルシェに出店と言うようなことには、
手や気持ちを出していないそうです。

良い悪いという話ではもちろんなくて、なんの話しかと言いますと、
地元の若手(の部類に入る)有機農家や
自然農法農家の多くが、ややこしくてなにかおかしい、
シンプルに販売流通ができない環境下にあるということです。
持続するために似たような状況下にあるということです。
販売が多角化し、手数が奪われて農業に集中できない。
有機農業に関わる競争相手や敵対するもの同士が、
奪い合わずに切磋琢磨して、融和していければいいのですが、
今のところのこの業界では、完全に陣取り合戦の様相になってしまっています。
残念ながら、この時代の有機農業の担い手はそこに追い込まれ、飲み込まれています。
作り手はどう売るのがいいのか、
買う側食べる側もどう買うのが一番いいのかわからない。
生産者と消費者が直接購入し合うと流通が育たず、ブーメランで生産者の首を
いずれ絞めていくことにも繋がるし、
流通で買うと、生産者の利益(手取り)が減り、消費者は出費がかさむ。
有機野菜を作る。食べるだけのことなのに、
このようなややこしく「おかしくなる」問題がいくつもあります。
そこから抜け出すには、しんどいかもしれないけれど、
自前の納得できる流通販売の場を育てること。
それぞれが分け合い助け合う意識を持ち直すことが大切だとやはり思うのです。
今はまだまだ難しいですが、田植えでもしながら話しながら
コツコツ、コツコツ。

もう一歩先の買い方、食べ方、生き方

私たちは、もう一歩先の買い方、食べ方、生き方に進むことはできないだろうか?
という気持ちから、毎月テーマを決めて学べる場を
ファーマーズマーケット内で企画しています。
初出店の福笑さんが、今回の企画に参加してテキストを寄せてくれました。
「新茶試飲会レポート」です。
春の新茶は、うまかった!

________


先日のファーマーズマーケットのテーマは「新茶」でした。

マーケット内の中央テントにで、
大和茶の新茶試飲会&即売会を行
いました。寒暖の差が大きい大和の地は、美味しいお茶の生産地。
そんな地で、想いをもってお茶作りをされている羽間農園さんと
田原ナチュラルファームさんに、それぞれのお茶作りへの想いや
お茶の特徴などを説明をしていただきながら、
自然発酵番茶、自然発酵紅茶、焙じ茶、和紅茶等など6種類のお茶の

試飲をさせていただきました。

お茶を摘むタイミングや苦労、摘んでから加工過程でのこだわり、

茶葉の部位によるカフェイン量の違い、肥料の有無で味が変わる等など・・
お茶の基本的な話から、苦労話、「へぇ〜」となるようなお話し、
色々なお話しが聞けて有意義な時間でした。
生産者さん同士が肥料について質問されたり、参加者の方からお茶の入れ方に

ついて質問が出たりと、

そして、何より試飲してみて・・・

「美味しい!!」

こんな声があちらこちらで聞こえました。

実際に私も試飲させてもらいましたが、どちらの紅茶も渋みがほとんどなく、
飲みやすい優しい味で、とっても美味しかったです!
生産者さんによっても、お茶の種類によっても、入れ方によっても、

味が全く違うことにも、改めて驚きました。

 

                                      
                                      
生産者さんから直接お話しを聴くことで、より身近で、
美味しく味わうことができた「大和茶」 試飲会。
とても贅沢な時間となりました。 ありがとうございました。
私も早速、羽間農園さんと田原ナチュラルファームさんのお茶を
購入させてもらいました。 ちょうど新茶の季節。
お気に入りのお茶を見つけてみてください。
                                      
羽間農園さん→http://hamanouen.blogspot.jp/
田原ナチュラルファームさん→http://tawarafarm.webcrow.jp/index.html
                                      
今年度は終了してしまったようですが、
各農園さんでお茶摘み体験も企画されているそうなので、
来年は自然いっぱいの中でのお茶摘み体験もしてみたいです。
                                      
                                      
                                      
                                      
文:パン屋福笑
写真:藤田健人
_________
                                                                                                                                                        
                                                                                                                                                        
                                                                                                                                                        
新茶を春に楽しむ。
それを育てたストーリーや想いを丸ごとを飲み干す。
この想いの部分をお届けしたいところですが、
参加し、直接お話しを聞いてというのがやはり一番です。
逃しちゃった方は次の機会にぜひぜひどうぞ。
この企画は、当初、大和高原の生産者同士がお互いのお茶を飲み合う
というアイデアから始まりました。
同時にお互いのファンの垣根も超えれないものかと。
つまり横のつながりを深める意図もありました。
羽間さんにお聞きすると、8年以上マーケットを共にしてきて
初めて佐和さんのお茶を飲んだと。
やっぱり!
お互いのファンもそうかもしれない。
同じ大和高原で茶と向き合う同志。
同じ奈良の自然栽培を応援するもの同士、
なんか水臭いじゃないかと。
野菜や米もそうですが、栽培方法の違う他者を受け入れ
理解すると、非常に良い刺激になります。
また生産者にとっても、昨日とは違ういい仕事に
つながるのではないかと思うのです。
そんな融和の時間を、爽やかな新茶に包んでもらえたのは良かったです。
「一杯のお茶」が関わった人の中で深まればいいですね。
その一杯のお茶のことから、企画後の作り手とスタッフの反省トークでは、
様々な広がりを持てました。
大和高原で、茶を志す若手が出てきた時、その架空の誰かは
どうやって経営を自立させ食っていけるのか?
今いてる無農薬系茶園に雇ってもらうしかないのか?
羽間さんや佐和さんのようなすごい苦労を真似できるのか?
健一農園や月ヶ瀬茶園のような無敵には、皆んなが皆んななれないよね。
どうお客さんや人の取り合いにならず共存共栄できるのか?
ダイレクトの売り買い至上主義ではなく、
どうしたら循環した売り買いのできる地域が育つのか?
などなど
話し合わせてもらいました。
それぞれの距離やつながりを一歩前に進める事ができたように思います。
個別に行われている、茶積みイベントもいつの日か
行き来したり、手伝いあったり
ファーマーズマーケットの参加者同士が
協力できればいいですね。
お互いのお茶を何年も飲まないで歩むより
その方が豊かだと思うんだけどなぁ。

 

事務局 榊原

春日奥山原始林トレッキングツアー

春日奥山原始林トレッキングツアー
「巨樹を巡り 森を語る日」
をおこないます。是非参加してみて下さい。

6年ほど前、都祁の健一自然農園と同じく都祁で有機農をしている河原さんが
声を掛け合い、自然農や有機農関係の仲間や身近な人、大阪のモモの家の方々なんかと
奈良の山間部の人工林間伐活動にさきがけて、
奈良の原生林や巨樹について学ぼうということではじめたイベントです。

その後、五ふしの草が引き継ぎ、6回ほど行い、
途中NATIVE WORKSさんと野鳥観察会も合わせて共催させて頂いたりして
今回8回目の開催となります。

奈良オーガニックマーケットの環境プログラム「遠くを見ること」としては初めてです。

奈良の原生林を巡る。

当初は、奈良にある原生林の価値はあまり知られておらず、
巨樹の会さん、グリーンあすならの方々がツアーやガイドを通して
そのすばらしさを地道にお子さんや愛好家、高齢の方々に伝えておられる
といった印象でした。

その頃から比べると最近は、このイベントも一役買い、いろいろなメディアに
ご紹介頂いたりし、アースデーでも真似して頂いたりし 自然に広がり、
若い方や多府県の方にも 原生林のすばらしさを感じて頂ける機会が増えたようです。

今回は、初めてお子様ご家族向けコースと
大人向けコースの2コースに分かれての募集です。
ともに興福寺付近を歩き、巨樹を見た後
お子様コースは春日大社、東大寺付近の森や木々を巡ります。
大人コースは、滝阪の道を通り、若草山山頂よりさらに奥の道を
巡ります。

もちろんガイドは、1回目から変わらずのグリーンあすなら河原さんです。
2回目からご協力頂いている、グリーンあすなら酒井さんにも
まだ未定ですがガイドをお願いしております。
ちょうど今が、鹿によるものや原生林の問題がよく見える時期だそうです。
良い所ばかりではなくしっかりと観察し考え、共有できれば嬉しいです。

駅近15分で体験できる奈良の原生林と樹齢数十年の巨樹を
みんなで是非巡りましょう。

どうぞよろしくお願い致します。

(※オーガニックマーケットの若手農家定期便
ベーシックセットをご利用場合は無料で参加して頂けます。)

ある夏の一日

ある夏の一日。
田んぼで生き物を見つめて、探して、捕まえて
過ごさせて頂きました。
ご参加どうもありがとうございました。

image 19image 20image 22
image 18

げんごろう、やご、にほんざりがに、タニシ
いろんなかえる、どじょう、、
先生役の羽間さんとイッシー先生は、
往年のベテラン刑事コンビのような
名パートナーぶりを見せてくれました。

こどもたちの日でした。

 

いちごづみ 様子

image 12

image 7

image 5

image 6

image 10

image

image 9

image 8


苺摘みにご参加有り難うございました。
米澤さんの苺は、今やほぼ
失われている露地、土耕栽培です。
農薬や化成肥料も使用していないので
ある意味、奇跡の苺と呼べるのかもしれません。
去年「もう来年は作りません!」
「世話がかかりすぎる」と米澤さんが言っていたのを
「そこをなんとか、、」と僕が言って
「ムリムリ」と言われながらも
栽培してくれていました。
この日も、みんなの前で
「もう今年で最後、来年はありません」って
そこをなんとか、、と心の中で思いました。

来年もあれば良いですけどね。

 

image 14

 

少女が苺摘みをする風景は何だか素敵だ。

 

奈良オーガニックマーケットからのお知らせ

5/27〜6/1まで
くるみの木さんにお招き頂きまして
阪急梅田本店のイベントに参加させて頂きます。
森のマーケット
日替わりで redrice自然農園やたねのつどい(種の交換会)、
田原ナチュラルファーム、木のぼりパンが出店します。
当組合の野菜も並びますので、是非遊びにいらして下さい。

初日(水)五ふしの草

2日目(木)田原ナチュラルファーム

3日目(金)redrice自然農園

4日目(土)田原ナチュラルファーム

5日目(日)たねのつどい

6日目(月)木のぼりパン

の予定です。

もう一つ、
6月の開催が、最終日曜日ではなく
1週早い6/21日となります。
お間違えないようお越し下さい。