image1 2

森のなかまの販売中止について

ここのところ業務連絡ばかりですいませんが大切なお知らせです。

万能洗剤「森のなかま」販売、取り扱い中止になります。

すでにお声掛けさせていただいたり、知っていただいている方も多いかと思いますが
長くご愛用いただいておりました「森のなかま」の取り扱いが終了します。

成分に表示以外の物質が使用されていることがわかったことから
メーカー、桃の蔵さんが出荷を数ヶ月前からストップしておりました。
色々と原因や今後について調べておられましたが、
取次店への販売がなくなるようですので、
こちら五ふしの草では取り扱い無くなります。

日常使いに購入いただいていたお客様へは、
不明な期間が長かったことやご迷惑をおかけしましたことを
お詫び申し上げます。
突然このようなことになり、長くおすすめしてきた立場として
大変申し訳なく思っております。

ご購入いただいたお客様への対応や詳しい情報、今後については、
すみませんがこちらのサイトの方へどうぞお願いいたします。

http://www.momonokura.com
以下は店主の私見になります。(長文ですいません)

営業開始当初からご支持いただきました商品で。残念なことですが、
内心ホッとしております。
数年前は関西でも1〜2件程度の取り扱いで、
原材料がシンプル、使い心地がよく、価格も手頃で、
何より多用途で、容器のゴミを削減できるのがありがたく運命の出会いでした。
デザインも松の力(内容は同じものですが)より良くて、
あっという間に口コミで広がり、開店当初はショップの方に
リピーターの方が足を運んでくださり大変助かりました。すごく感謝しています。
奈良や三重、大阪、滋賀の他のショップにも
随分紹介してメーカーさんと直接取引きしていただいてきました。
しかし広がるということは、間違いにつながる可能性も高くなります。

もともと環境保全が芯にある商品でしたが、気づけば目と鼻の距離にある店が
低価格、おしゃれ、リピーターが見込めるというビジネス的理由で、
知らないうちにそこかしろで取り扱うようになっていきました。
しかし原材料はブラジルの松です。いくら地球環境が良くなる間伐方法でも
地球の裏側に日常の暮らしが依存し続けてしまうことになります。
なんども日本の松ならなぁと思っていました。
輸送に化石燃料が使われる、梱包資材や工場の稼働による環境負荷など
良い側面ばかりではありません。
もちろん少しでもいいことをしていくというのが大切なのですが、
そういうネガティブなことにも意識や想像力を働かせ、
背負いながら段階的に本当に持続可能な方向へシフトしていくことが大事です。
(特に販売する伝える側にこの感覚が必要です)

私たちの日常は、数多くの地場でまかなえないものに囲まれています。
それを放置し続けるのも、なんとかするのも私たち自身です。
地場で持続可能な形で、暮らしにまつわるものを
元気に健康に働く労働環境、人の仕事も含めて育てていくことを五ふしは求めています。
それはどこかの企業がある日突然、天から落としてくれたかのように出来るものでは
ないんじゃないかと思うのです。
そんなこと言ってもしょうがないじゃないか、、と怒られそうですが、
理想を失いたくないなと。
冒頭ホッとしたというのは、何年も変わっていけないなら、
ひとまず終わりを迎えるのも悪くないという意味からきています。
松の木が原材料なら林業からですね。相当原価が高くなりそうですが、
こういうことが起きた時に、よしそんなにいいなら
日本でやってみるかっ!とならないのが逆に怖いです。

あともう一つですが、
今回なぜ発覚したのか?
いつからなのか?
が明らかにされないことが残念でした。
ビジネス的には販売再開するために、現状の安全性を調べる方向にいきがちですが
この2つの疑問は、安全安心をうたうならとても重要です。
放射能の食品影響問題でも各メーカーこれができませんでした。
野菜でいいますと産地偽装、農薬使用の虚偽、
食品で言いますと表示偽装にもつながる
このビジネスの問題は、人の意識、認識と関わるので根が深そうです。
ビジネスが関係しなければ当たり前にできることなのですが。。

image1

しばらく営業(終了)時間変更します。

突然ですみませんが、今週よりしばらく
都合により営業終了時刻を変更させていただきます。

通常10〜18時まで

しばらく10〜17時まで

の営業となります。
どうぞよろしくお願いいたします。

写真は、先日訪れた広島のピースウォッチです。
偶然水爆実験から1日目でした。
核や戦争について伝えられなかった人。
核や戦争について受け取れなかった人。
に私たちがならなければいいのになと思います。

有機農業も かつて 目的は、脱原発脱農薬、反戦反核、
持続可能で環境保全型の社会作りでした。
手段が有機農業です。
今は、一山当てるや家を建てる、なんとなくカッコイイことをしたい、
注目されたいなどなど
より個人的な動機に変わっています。

これから引き継げなかったで済まさないよう
より考えて行動しないとないけないと教えてもらえた時間でした。

image2

臨時休業のお知らせ

誠に勝手ながら、都合により
明日5月2日(土)と5日(火)は、
出荷所ショップを臨時休業させていただきます。

すいませんがどうぞよろしくお願い致します。

image1 3

夏季休業のお知らせ

今年のショップ夏季休業は、8月12〜15日までです。

次の金曜日までは元気にオープンしております。

ハト畑トマト少なめですが入荷中です!
おぐらやま農場の桃が始まりました。
米澤農園のスイカ今年はすでに終了です。
広報する間も無くよく売れて完売いたしました。

写真はファームシェア休憩中の生どらを凍らせたもの。自家製のおやつです。
駒川商店街近くの学生さんたちの良い思い出らしい、、生どらだそうです。
急に思い出してこしらえてくれたものをみんなで凍らせて食べました。
あれこれ工夫して「涼」を取り入れねばなりませんね。

SDIM0129

はたを楽にさせる

 

SDIM0128

 

2010年代の後半、ある夏の日。

畑は濃密な猛暑。
ある有機農園では、電柵の撤去やナスの剪定や追肥の準備。
生姜の草取り、畦の草刈り、畝通路の草抜き、などなど。
ほとんど草、草、除草でした。
土ができていると草達も気持ちよさそうに生育しています。
ですが夏に体調を崩して草取りできないでいると
その後の段取りに 草達は容赦なく襲いかかってきます。
この日もちょうど暑さにやられてしまい、作業が後手に周って
草に追いまくられているところ。
二人の助っ人の合流でちょっとは助かったようです。
休憩中はゴマや麦、雑穀の話なんかで盛り上がりました。

話は変わりますが、昔、天然酵母パンのルヴァン甲田さんが
働く=はたを楽にさせること、と どこかで言ってはりました。
あと
1年目の無我夢中
2年目のガムシャラ
3年目の理解
4年目のマンネリ、惰性
5年目からの円熟、プロフェッショナル、職人
とかも本に書いてたのかなぁ

有機農業の世界でも昔からある課題ですが、
この4、5年のところで、
諦めてやめたり、病んでしまったり、最悪の場合亡くなることが
あります。
お嫁さんが定職につき家計を任されて、
男の方が食べ物を自給プラスアルファしていくという
ケースに落ち着く、またはそれに似たようなパターンのようなものが
定番としてある。
このパターンを乗り越えないとオーガニック業も
なんと言いますか大人になりきれず
成熟、円熟期には入っていけません。

じっくり階段を一段一段歯を食いしばってというのが
なかなか時代遅れで難しくなり、
手取り早くSNSやネット販売、直売所やマルシェで
いい感じに、、が全盛期な時代です。
小規模有機もこの流れが当てはまってしまいます。
安直で誘惑的なものも田舎では増えてきているように思います。

そんな中、共同で有機農法や自然農法、在来種、小規模農業といったものを
人に届ける。
ある程度の形になりだしてからは3年から4年目に入っていきます。
本物になるかオジャンになるかは、ほんの僅かな差で別れていくようです。
やっとこれからという時ですが、運や運命が作用することもありますから
積み上げてきたものがひっくり返る可能性もあります。
失敗はつきものですが、どんなふうにこれから働いていけるのか
がっつりと楽しんでいきたいと思います。

SDIM0125

 

SDIM0126

 

SDIM0124

 

SDIM0100

SDIM0116

オクラと競争

SDIM0114

オクラが好評です。
安定してたくさん買って食べていただいて感謝々々です。
加茂の赤穂さんのオクラ、年々のびのび育ってるように見えます。
この夏も味がいい。虫の方のバランスも今の所取れてる感じがします。
自然栽培で一つの品目を農園に落ち着かせて、
農園の持ち味にするには時間がかかります。
オクラ以外にも、ゴーヤやナス、空芯、エンサイも順調で
引いて見渡すといい眺めです。
思わず、よくここに来るまで我慢したなと。。

自然栽培をしていると有機栽培をしているより
(少し偏った意見かもしれませんが)
周りからの風当たりがきつく、嫌味や攻撃を受けやすい。
そういうことに生身の人間なので限度があるわけですが
できるだけ黙って、肩をすくめて
風雨に耐えるリスのように我慢しないといけないわけです。
そういう意味で我慢の時期を少し抜け出たんじゃないかなぁと。

ところで話は変わりますが、

夏野菜、どんどん育って
どんどん収穫しないといけない状態に入って来ています。
もちろん廃棄もでますし
生育と追いかけっこです。
まだ夏の収穫のピークには来ていませんが
ピーク時には、作物が販売しきれずオーバーフローする生産者が増えます。
猛暑で、食べ手も料理したくなくなり、
夏野菜にも飽きて来たり、出歩きたくもなくなるときに
夏野菜があふれ始めるのです。
(今年はやや早い気がします)
(大体どこの農地でも同じようなことがありますね)

SNSで販路がない誰か助けて〜という投稿も
ここ数年増えて来ました。
そういう情報が飛び交うたびに
できるだけ根が張った、もっとソリッドな
生産から流通、販売が立ち上がらなければと思ってしまいます。

もっとしっかりした全体的な流れを丁寧に、コツコツと
育てていきたいと思うのです。

SDIM0111

SDIM0059

鹿のためのカボチャ

ハト畑のトマト畑。
周りには鹿のフンがちょこちょこと。
柵で囲った隙間から上手く入って、トマトができるのを待ってるかのように
うろうろしているようです。
侵入口を閉ざしてカボチャの苗を1畝だけ定植。
鹿に壊滅されないように様子見で。
入れないことを感じたら残りの苗を全部定植できます。

「多分彼らは僕らより本気生きてるからね(笑)」

「そうですね、生きることと完全に一体化している。」

SDIM0061

SDIM0064

これから本気で暑くなるまだ前。
沢口靖子オススメの生協のヤマザキビスコで一服しながら
なんてことない話しを木陰で。
そばかすの少年。
アマゾンとアリババ、ゾゾタウンと楽天、ソフトバンクとか企業の
名は体を表すんじゃないか?という話し。
ビートルズとアップルのロゴマークの話しなどなど。
全く関係ないところからコツコツと距離を測り、
つまらない方向に行きつつある有機農業の突破口を体で考える。

もうすぐやらないはずだった秋冬の作付け会議です。

SDIM0065

SDIM0068

SDIM0062

SDIM0067

SDIM0049

豆が終わって

豆類が、今年はわっと出てきて
わっとほぼ終わりました。
短かったような気が。

来週から野菜セット、店頭では赤玉ねぎが登場します。
玉ねぎ、新にんにく、ズッキーニも。

赤玉ねぎでかっこいい料理を作ってくださいね。SDIM0029

SDIM0051

SDIM0027

SDIM0641

赤い手袋と畑作業風景

5月末の畑、すでになかなか暑い中
時折涼しい風が吹いております。
そんな時は鳥の声がよく聞こえだし、
上空を横切る飛行機に乗る旅人を思い浮かべる。
一息入れる時に飲む水が、体に流れることをありありと感じることができます。

SDIM0621

SDIM0624

SDIM0634

SDIM0628

SDIM0630

SDIM0638

SDIM0636

支柱を叩くハンマーで支える手を何度もうち
手袋が少しは守ってくれてるんだろうけど
二人ともしっかり腫れてしまいました。